ショッピングモール

消費者が求める売り場づくりに欠かせないVMD

昨今では様々なビジネスモデルが登場している事もあって、単純に商品を集めて売るだけの前時代的なディスプレイの方法ではなかなか商品が売れなくなってきています。そうした中でディスプレイに個性を出そうと工夫されているお店も多くありますが、結果が伴わず売上に繋がらない事が殆どで、かえって無駄な費用がかかって経営を圧迫する事もあります。その原因として、いかに綺麗なディスプレイであっても顧客の利便性にはプラスになっていないという事が考えられます。現在は物に溢れていて、似たようなものも多いのでただPRしただけではその他の情報に埋もれてしまいます。その時消費者が求めているものに合致する商品を、その商品が欲しいであろう客層に向けて効率よく宣伝し、更に手に取ってもらうようにする事が必要なのです。この時重要になってくるのがVMDという考え方です。VMDというのはビジュアルマーチャンダイジングの事で、商品を消費者の視覚に訴えかける方法で売り場を作り上げていくという物です。消費者心理を基に売り場を計画的に作る事で、より効率的に売り場のディスプレイを改善し、売上にもプラスの効果が期待できます。VMD専門会社に相談すればお店に合わせたVMDを提案してくれますので、ディスプレイについて知識が無いという場合でも導入しやすくなっています。扱う商品に自信はあるけれど、売上が上がらないという経営者の方は試してみましょう。

最新の情報

最新記事一覧

Top