ショッピングモール

アパレル業界こそ大切なVMDとは

アパレルショップ

販売促進のための計画や戦略には、どの業界も毎シーズン積極的に取り組まれているでしょう。その手法にはさまざまな種類がありますが、アパレル業界で取り入れられているものは、VMDという販売促進のための戦略や手法です。VMDとは、ビジュアルマーチャンダイジングの略称で、これは、お客さんの興味や購買意欲をそそるような売り場づくりを目標としているもので、これまでに多くの企業や店舗を成功に導いています。売り場にあるのは同じ商品であっても、ディスプレイの仕方や店内のインテリアなどによって、来店しているお客さんの購買意欲というものは大きく変わるものです。新規顧客開拓や売り上げの面で伸び悩んでいるなら、ぜひVMD専門会社に相談をしてみましょう。専門のコンサルタントが、店舗経営者の方の希望や条件、取り扱っている商品のブランドイメージなどと合わせて最適なプランを提案してくれます。多くのお客さんをお店に呼び込むためには、SNSやWEBサイトなどさまざまなメディアを通しての広告宣伝は大切ですが、実際お客さんに購入をしてもらうためには、やはり売り場づくりの工夫は重要です。ぜひVMDを取り入れて、売り上げアップを目指しましょう。

VMDによって顧客の満足度が上がり売り上げも向上!

小売店のオーナーやスタッフの方であればVMDという言葉を聞いたことがある方も多いでしょうが、具体的にどのようなものかご存知かというと多くの方はあまり深くは理解していないのではないでしょうか。そもそもVMDとはビジュアルマーチャンダイジングの略語です。ビジュアルマーチャンダイジングというのは、商品の企画や仕入れ、宣伝に陳列といった販売プロセスを統一的に行っていくマーチャンダイジングの一種です。ビジュアルと名前がある通り、視覚的な部分に特化して行っていくマーチャンダイジングになりますが、店を訪れた客が探している商品を見つけやすく、手に取りやすくなるように工夫してディスプレイをしていく方法になります。ただ単に商品を並べる一般的なビジュアルプレゼンテーションとは異なり、客のニーズを想定して総合的にディスプレイしていくので、より客の目線に立った店づくりを目指す事ができ、結果的に顧客満足度を高めて店の売り上げに大きく寄与する事が知られています。ただこのVMDは総合的な演出が求められるので、いきなり知識が無い状態でディスプレイしてもうまくは行きません。そのため確実なのはVMD専門会社に相談する事です。VMD専門のコンサルから店に合った適切なアドバイスをもらえるので、それを活かしていくだけなので効率的です。

視覚的に商品をアピールするVMDの3つのポイント

売りたい商品やおすすめしたい商品を視覚的にアピールする事は、お店の売上を上げるためには欠かせません。ただ適当にアピールするだけでは、お客さんの目には入っても、買いたいと思うかどうかは別です。商品が魅力的に見えるのはもちろん、そのお店で買いたいと思ってもらえるようなディスプレイにする事が大事なのです。そうした部分を計画的に行っていくのがVMDという手法になります。VMDを行っていくには次の3つのポイントがあります。一つ目がビジュアルプレゼンテーションで、お店にお客さんを呼び込むために店先に展示スペースを用意してアピールするというような方法になります。二つ目がポイントプレゼンテーションで、こちらは店内の目立つポイントにお勧めしたい商品を展示してアピールする方法です。そして三つ目がアイテムプレゼンテーションです。これは商品の陳列を工夫して、お客さんが商品を手に取りやすくする方法です。基本的な部分では手の届きやすい場所にアイテムを置くという事がありますし、関連商品を同じ場所に置いておくというような考え方もあります。以上のようなポイントを元に、売り場づくりをしていくのがVMDの基本となります。ただ言うには簡単でも専門的な知識が無いと実際に売り場に導入するというのは難しくお店によっても最適解というのも異なるものなので、本格的にVMDを導入するのであればVMD専門会社に相談するのがベストです。

最新の情報

最新記事一覧

関連リンク

Top